これを読めばお酒はより楽しめる嗜好品になる!お酒の好みのポイントなどをご紹介

お酒には実に様々な種類があって原料だけでもブドウやリンゴといった果実酒から米や麦といった穀物酒、芋焼酎のような植物の茎や地下茎まで多種多様です。
これにカクテルなどのフレーバーを組み合わせればその種類は無限大といえます。
多種多様なのと自分の好みのものとを探し当てることで見つけることができるようになり、楽しめる嗜好品になることでしょう。
最近では最初が必ずしもビールである風潮は、消えつつあるので気にしなくて大丈夫です。

これを読めばお酒はより楽しめる嗜好品になる!お酒の好みのポイントなどをご紹介

お酒の好みは、嗜好品の傾向でもおおよその特定できます。
甘党か辛党かでも、甘口・辛口のお酒を分類できるのです。
コーヒーや紅茶が好きなのであれば、カクテルなどでこのフレーバーを試してみるのも手です。
日本料理が好きなら、日本酒を試してみるのもおすすめと言えるでしょう。
洋食や中華といった好きな食べ物のジャンルはその料理に利用される酒類と密接に関わっていて、合わせることで美味しさに気づけることもできるのです。

お酒と料理の相性にこだわるペアリングとは?

お酒と相性がいいのが、和風料理です。
刺身や懐石料理などまさにお酒と追うのです。
ためしにビールやワインと比べてみてください。
これらの料理には合わないことがわかります。
お酒が嫌いな人も納得できるのではないでしょうか。
お酒とのペアリングで一番いいのはこってりしたものであり、刺身がもっとの相応しいのです。
いっきにたくさん食べるというよりも、ちびちびしながらその間に少し飲みたいといった雰囲気にかられてしまいます。
大食いよりも少なくして飲みます。
そのため料理の味以外にも、その場の雰囲気をうまく作ってくれるものになります。
そうなれば料理の味がもっとも美味しくなり、食が進みます。
まさにペアリングと言っていいのです。
口にするものは何でもいいという人はいないはずです。
その場とその場の料理とが上手く絡むことでおいしさを引き出してくれます。
食事だけがいいのではなく、雰囲気をうまくつくっていくかが重要であることに変わりないです。

お酒には色々な種類があるけれども製法により醸造酒・蒸留酒・混成酒の3つに分類

ビールやワインは醸造酒に分類され、原料に含まれる糖を酵母菌によって発酵させる製法で作られるものです。
できたものをそのまま飲むお酒で、原料は穀物や果物になります。
日本酒も醸造酒です。
ウイスキーや焼酎は蒸留酒に分類され、醸造酒を加熱し蒸発させて蒸気を冷やし、アルコール分を中心とした成分を集める製法で作られたものです。
醸造酒よりもアルコール度数は高くなるので、そのまま飲むよりも、氷や水などで割って飲むお酒です。
原料は麦やトウモロコシ、さつまいもです。
他にも蒸留酒には米麹で作る泡盛や、ワインを原料としたブランデー、カクテルベースで知られるラムやウォッカなどのスピリッツも蒸留酒です。
混成酒は醸造酒や蒸留酒に糖分や果物を加えて作られるお酒です。
再製酒とも呼ばれ、リキュールや梅酒などの果実酒があります。
料理につかうみりんも混成酒になります。
水やお湯で割ったりカクテルに使ったりと色々な方法で楽しめるお酒です。

ペアリングはお酒と料理の組み合わせを意味するもの

ペアリングとはお酒と料理の組み合わせのことで、ワインにステーキ、ハイボールにはから揚げというように複数ではなく一種類のお酒に1品の料理を合わせて行います。
2つの相性については普段から意識されており、お酒を楽しむための要素として必要なものとなっています。
それぞれを単体でいただくよりも、組み合わせることで両方が美味しくなるのがペアリングです。
このためレストランでコース料理を頼むと、料理1品ごとに合うワインを選んでペアリングを楽しくことができる店もあるようです。
反対に居酒屋などの飲食店では、お酒の味を引き立てる料理を選んでメニューに出すこともあり、店の中には好みの日本酒やビール、ワインなどを飲みたい時、美味しく味わうために相性のよい料理について聞くと、おすすめを教えてくれる場合があります。
ワインと料理のペアリングをするときにはワインの色や香り、産地や味の濃さ、原料などを考慮して合わせるだけではなく、対照的で別の味を選んでそれぞれにある良さを引き出す方法もあります。

赤ワインにはステーキでハイボールには唐揚げなどお酒と料理の2つの要素を組み合わせる

お酒と一口に言っても、多種多様なもので構成をされているものです。
日本では1990年代にワインブームが巻き起こり、幅広い年代層の方が嗜むようになったお酒です。
この品でも赤と白に分けることができ、それぞれで異なった風味を醸し出しています。
ここでは簡単に、赤ワインと昨今の若者の間で人気のハイボールについて解説をしていきましょう。
お料理と合わせることを前提とすると、前者はステーキ・後者は唐揚げになります。
基本的にお酒を食事の席で楽しむ際は、2つの要素に分けて組み合わせると良いものです。
淡白な味わいのメニューなら辛みが強いもの、濃厚なものだと甘みを含んだお酒にすれば良い案配の味を実感できます。
唐揚げのような脂っぽいものだと、お口のなかを爽やかにしたい欲求が生まれるため、炭酸を追加しているハイボールが打って付けです。
通常のウイスキーの水割りよりも喉越しが良くなる要素を持っているアルコールで活用できます。

著者:上田年雄

筆者プロフィール

長野県松本市生まれ。
ワインソムリエとして活躍し、数多くの記事を執筆。
ネットでもお酒の魅力を発信しています。
お酒の通販